子供が物を欲しがらなくなりました。(篠山市 30代)

母親ノート法は不登校の子供を持つお母さんだけではなくて、発達障害の子供やちょっと接しにくい子供にも良いと聞いて申し込みました。

 

母親ノートを記入して最初の方に先生に添削された会話は「やっぱりな」と納得していたのですが、何回か回を重ねるうちにちょっと自慢というか・・・『この会話は親子としていい感じだわ』と思っている会話にも添削が入るようになり、それは今まで信じて来た「良い親の見本」みたいな態度を大げさに聞こえるかもしれませんが根底から覆すような考え方でした。

 

今だから書けますが、正直、先生の指導の通り、子供に接するのはちょっと冷たすぎないかと反発も感じてました。

 

ですがある日、買い物先で子供の欲しい物の買う買わない、我慢させるみたいな、プチバトルというか・・・小競りあいみたいなやり取りに疲れて

先生のアドバイス通りに試してみました。本当に清水の舞台から飛び降りるような気持でした。どんな高い物を買いたいと言い出すか正直怖かったです。

 

そしたら、子供がお菓子を自分で「やっぱり要らないや。次にするわ。」と言ったのでその瞬間、力がなんだかフワァ~っと抜けてしまって「今までお金の大切さや物の大切さを子供に知って欲しくて買い物の時に良かれと思って伝えていた私の努力は何だったんだろう?」と感じました。

 

認めてもらえるとこんな風になるんですか?不思議で仕方ないです。

 

あの会話の仕方の前はこの子は将来、買い物依存症みたいになるんじゃないかと思って心配していました。お菓子を一個買っていいよと言っても次々欲しがり満足することを知らない姿にうんざりしていました。

 

先生の所で学んだことはまだまだ上手く使いこなせていませんが、買い物先で毎回、買いたい物を我慢させようと必死で色々言ったりしなくて済むので、ストレスが本当に減りました。

 

また親子の会話でストレスが溜まってきたらノートを添削してください。よろしくお願いします。


 f:id:sanda23room:20150108084558j:plain

インナーチャイルドヒプノセラピー アクセス price  カウンセリング 体験談

f:id:sanda23room:20150108084558j:plain