機能不全家族とは?~Dysfunctional family~

機能不全家族とは、「子育て」、「団欒」、「地域との関わり」といった、一般的に家庭に存在すべきとされる機能が、健全に機能していない家庭の問題を指します。

 

機能不全家族で指摘される問題は、その環境下で育った子供への悪影響を問題として指摘される場合が多い。

 

幼少期の重要な人格形成期において愛情を得る機会が非常に乏しい事などにより、自己愛・自尊心、他者への共感、他者の苦しみに対する理解等に欠けた人間にもなりやすい。

 

こうして、機能不全家族の中から「社会と健全な関係を築くことができない大人が輩出されてしまう」という結果が多く生じることになる。しかし、機能不全家族に生まれ育った者が全て必ず社会不適応な人間になるとは限らない。

 

機能不全家族となる要因としては、代表的なものとして、家族構成員のアルコール依存、虐待、共依存などが挙げられる。

 

また、このような機能不全的な家庭となっている場合は、その家庭を構成する親、または祖父母などが、機能不全家族で育った経歴がある可能性が非常に高い。

 

機能不全家族内で育ったトラウマを多く抱える子供はその家庭から脱出することができない状態にある。

 

その環境下で歪んだ思想・観念を全身に受けながら生活しなければならない。そして、子供としての時期に学ぶべき社会ルールや愛情を学ぶことができず、親や家庭に過大な気遣いをしながらの生活を余儀なくされ、歪んだ自動思考を身につける事が多い。

 

結果として子供社会での適合ができにくく、様々なトラブルを引き起こす場合がある。

 

例えば周囲の児童が何故自由奔放に振る舞えるかが理解できず、他の児童の目から見れば非常におとなしかったり、他者とは異なる価値観や思考・行動パターンが原因でいじめの対象にもされやすい。

 

また、成人して社会に出てから、さらなる人格形成の歪みを引き起こす場合もある。

 

機能不全家族の中で育った子供が、育った環境の不健全さに気づかない場合に、自己の配偶者としても同様の歪んだ価値観をもったパートナーを選ぶ場合も多く、成人してからも同様に不遇な人生を選んでしまう場合が多々あることである。

 

また、機能不全的なパートナーを選ばずとも、自らの機能不全家族の経験や、健全家族の経験の欠如から、世代間連鎖によって、新たな機能不全家族を生み出す場合も多く、自己の人生においても、不遇な、または破滅的な人生となる場合が多い。

 

『この生きづらさは育った家庭環境が影響しているのでは』?と感じた方は、あなたの代でこの連鎖を食い止めましょう。

 

インナーチャイルドヒプノセラピーはアダルトチャイルドの受けた傷の回復に絶大な癒し効果をもたらします。

 

 

・アダルトチルドレンに戻る

・トップに戻る